2007年04月24日

ざるは冬に食べるべし

 何故って?麺のほとんどは、素材の粉とあとは水だからです。
美味しい水で作った、うどんやそばはそれだけで美味しいと思いますが、肝心のゆでる水が水道水だと意味ありません。ですがお店の多くは町なかにあります。美味しい水でゆでる事はできても、ゆでたあと麺を洗うまではできません。ですから田舎の井戸水ならそれもできますが、町なかでは無理です。ですから、冬の水道水はまだそのまま飲むことはできますが、真夏の水道水は飲めますか?私はいやです。冬の水道水だとカルキの味があまりしません。だからよく水を使うさるそばは冬に食べるのをお勧めします。
 山のなかのそば屋はやはりうまいはずです。人間万事、水ですから!
posted by ぼちぼち at 15:15| 広島 | Comment(1) | TrackBack(0) | お品書きA:ざるそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。